JSTのあゆみ

 アンコール遺跡周辺にはたくさんの村があり,人々の今の生活があります。
 しかし、海外からの観光客が年々増加する一方、遺跡のある地域に住む人々は教育も十分に受けられず、道路や橋などのインフラ整備もされない村で暮らしていました。
 JSTの活動は、カンボジア人でありながら日本で教育を受け、アンコール遺跡修復の仕事に携わっていたチア・ノルと、遺跡修復現場で働く日本人専門家の、小さな一歩から始まりました。

タイトルとURLをコピーしました